自宅で行う脱毛の種類と効果

脱毛といっても様々な方法があります。
毛抜きで行うなら一番安価ですが自力で行わなければならないうえ、広範囲や手の届かない部位には向いていません。



また、痛みもあり、きちんとケアを行わなければ毛穴に炎症を起こしてしまい黒ずみや埋もれ毛の原因を作ってしまいますし、次に生えてくる毛はほとんどの場合太く濃くなります。

次に安価なものはカミソリですが定期的に刃を購入しなければならないので毛抜きよりお金がかかりますが、毛抜きよりも広範囲に向いていますが手の届かない背中などには向いていません。



カミソリの使い方を間違わなければ痛みはほとんどありませんが、肌へ与えるダメージはとても多く、ケアをきちんと行わなければ肌荒れの原因になります。

また、永久脱毛ではないため再び生えてきます。

毛抜きの時より早く生えてくるので処理する頻度は増えるうえ、ほとんどの場合生えてくる毛は太く濃くなってきます。
脱毛クリームの場合カミソリよりお金はかかりますが、肌への負担は減りますし、広範囲もフォローでき痛みもほとんどありません。

ただクリームの効果を待つ時間がかかります。
次に生えてくる毛は極端に太くなったり濃くなったりはしませんが、ケアをきちんと行わなければ炎症の原因を作りかねません。

シェーバーの場合は器械の代金はかかりますが、肌への負担も少なく生えてくる毛も太く濃くなることもあまりありません。

広範囲もカバーできます。


脱毛器はお金がかかりますが、得られる効果は薄く、何年も様子を見ることが可能であれば薄くなることもあります。

シェーバーとの併用が必要となります。